地盤補強工事

共友開発では一般的な住宅向け地盤改良全般を手がけております。 綿密な地盤調査を行い、軟弱地盤には地盤を安定化させるために地盤改良を実施します。 強固な地盤を造るため、地質によって湿式柱状地盤改良工法鋼管杭工法表層地盤改良工法の補強工事を行います。


工法と工事の概要


①表層地盤改良工法




地盤改良工事の中でも最も一般的で、公共施設や道路工事などにも多く使われている信頼性の高い汎用的な工法です。 比較的浅い深度において、地耐力にバラツキのある地盤や軟弱な地盤などに効果的な対処方法で、地盤強度固化材による近隣および植物などへの影響はありません。


作業手順

②鋼管杭工法(ニューバースパイルⅠ・Ⅱ、刃工法)




地盤条件の制約が少なく、土質の制約を受けない工法で、鋼管(もしくはコンクリート)製の杭を、家の基礎部分に沿って埋め込み、地中に支持体を作ります。 振動や騒音が少なく小型の機械で施工できるため、住宅街などにも適した工法です。


作業手順

③柱状地盤改良工法




家の基礎部分に沿って地面を筒状に掘削し、そこにセメント系固化材を流し込み地中に柱状の支持体を作ります。 騒音と振動が低く残土の少ない工法で、中層改良に適しています。 地盤条件の制約を受けないため、ほとんどの地盤で工事が出来ます。


作業手順

④ピュアパイル工法




ピュアパイル工法の特徴
1.ピュアパイル工法は、円錐型掘削ヘッドを装着した掘削ロッドで、地盤を側方に押し広げながら支持深度まで掘削し、セメントミルクと置換することにより杭状柱体を築造します。
2.セメントミルクと地盤を攪拌混合しないため、杭状柱体の品質は土質の影響を全く受けません。したがって、どんな地盤も高強度・高品質を安定して発揮できます。
3.施工法の原理から地盤を緩めないため、鉛直支持力が大きい。
4.腐植地盤でも施工ができます。
5.スパイラルロッドを使用することにより、砂質地盤での掘進性能が向上します。
6.ストレートロッドには排土機構がないため、発生残土がほとんどありません。


作業手順

⑤PC杭工法




H型PCパイル工法の特徴
1、厳しい管理のもとで生産及び出荷されます。
2、施工作業には水等を使用しません。
3、施工結果は、現地土質には左右されません。
4、施工してすぐに成果の結果がわかります。


⑥アンダーピニング工事・鋼管圧入工法


鋼管圧入工法とは
鋼管圧入工法は地盤の圧密沈下により不同沈下を起こした建物の水平修正復旧を目的とした工事です。この工法は、建物荷重を反力に鋼管杭をジャッキにて圧入し、杭を支持層まで確実に打ち込むことで支持力を得て、今度は支持層の反力を利用してジャッキアップにて傾斜修正する工法です。


工法の利点
・住居したまま施工が可能
・今後も沈下が予測される場合も適用可能
・大型工具、資材を使用しない
・騒音、振動、埃が少ない
・壊す箇所が少なく、補修費を節約できる


工法の手順
1、施工箇所の基礎下を掘削
2、鋼管杭立て込み
3、鋼管杭圧入、溶接継足し
4、ジャッキアップ
5、本受工
6、埋め戻し
7、工事完了